孫文先生の日本亡命秘話

神戸孫文邸完成直前的一時期孫文先生停留京都久原邸 服部文次郎(服文)向尋孫文先生京都奈良等各地 外出時孫文先生穿和服 是安全目的回避在日反革命分子的監視 孫文先生喜悦京都嵐山和奈良大仏殿内的柱穴進 与希望革命的勝利 自嵐山峡谷成大河
1980年代服部哲也向尋日本人観光団南京市中山陵其時不知得孫文先生和服部文次郎的経験
久原房之助先生的日立鉱山創業100周年記念事業時服部哲也知得孫文先生和服部文次郎
服部文次郎使用的印章即”服文”因対孫文先生尊敬和友情

和服を着用して日本人に変装された孫文先生を京都、奈良の各所へご案内した服部文次郎が孫に言い残しておりました。ご案内した箇所の中で孫文先生が感動されたのは、嵐山と奈良大仏殿の柱穴くぐり。その二か所が先生の革命の前途に希望を与えたようです。嵐山から峡谷が大河と成る!孫文先生の状況は保津川の峡谷であり、その前方で桂川という大河に変わる。その場所が嵐山だったのです! 服部文次郎は日本人なら普通は使用しない頭文字”服文”の印鑑を使用しておりました。これは日立鉱山創業100周年に際し、母が語った京都久原邸に関する伝承の中で当時服部文次郎が孫文先生と短期間京都久原邸にて同居し、孫文先生への尊敬と友情に起因するものであった事が解ったのです。又、私は1980年代に2回、南京市の孫文先生の中山陵へ日本人観光団を引率しましたが、まさか曾祖父と孫文先生が上記の関係を持っていた事を全く知りませんでした。

孫文先生の嵐山での感動が日本留学中の周恩来氏に伝わり、周恩来氏の感動が後に、嵐山の石碑建立となり、今では中国人観光客の必見の石碑となったようです。